- ブログ -
第二回 失敗談から学ぶ!マイホームづくり!【内装編】

後悔しないために!マイホーム設計の失敗談から学ぼう

マイホーム設計の失敗談を、「外観」「内装」「リビング」「キッチン」「トイレ」「浴室・洗面所」「玄関」「寝室」「子供部屋」という9エリアに分けてまとめておりますが、第二回目は、『内装』についてよくある失敗談を紹介します。

コンセント・スイッチの位置に失敗 コンセント・スイッチの数が少なすぎて・・・

間取りや動線ばかりに気を取られてしまい、コンセントや照明、スイッチの位置をあまり深く考えずに決めたそうです。

いざ家具を設置しようとすると、コンセントの場所が限られているため、自動的に配置が決まってしまいます。

照明も意味のない場所についているため、使っていないものがいくつかある結果に・・・・(涙)

木にこだわりすぎて…

憧れの現代和風の家に建て替えをしました。見学に行ったモデルハウスで見た、木製の玄関ドアに憧れ、我が家にも設置してもらうことにしたそうです。

しかし建具の木目はたった1年で白くなり、5年後には開閉もできなくなってしまったそうです。

木にこだわり過ぎず、一般的な玄関ドアにすれば良かったと反省しています・・・・

後悔しないためのポイント

内装の設計で最も大切なのは、そこで生活することを鮮明にイメージすることです。

家を建てる時は、ついつい見た目にこだわってしまいがち。もちろんデザインにこだわることも大切ですが、気に入ったデザインだからと言って、生活がしやすいかどうかは別の話です。

特にコンセントや照明などは生活に欠かせないもの。どんな配置で家具を置くか、どんな風に過ごすのかなどをイメージしてみてください。

デザイン面と機能面、どちらも兼ね備えた内装になっているかをしっかり考えるようにしましょう。

イベント情報資料請求
イベント情報お問い合わせ無料カタログ
Instagram