窓ガラスについて【断熱性向上・省エネ】 | カフェ風住宅専門店 デザインカフェスタジオ
- ブログ -
窓ガラスについて【断熱性向上・省エネ】

皆様こんにちは。

街路樹の桜が咲き始め、春本番が近づいてきています。

今回のテーマは、窓ガラスの種類についてです。

 

→先週はサッシの種類でした。

「ガラス板の質感」と「板の枚数」の2つのカテゴリに分けてお伝えしていきます。

◎ガラス板の質感

・透明ガラス

よく目にする透明のガラスです。住宅・施設ともに一般的に使われています。

透明のため、景色がよく見えます。外からの視線が気になるというデメリットも持っています。

フロート板ガラスとも呼ばれます。

 

・型板ガラス

ガラスに型の模様をつけることで、外から見えにくくなります(シルエットがわかる程度)

内側からも、やや景色が見えにくくなります。

視線が気になる水回りの窓によく使用されます。

 

 

・擦りガラス

ガラスの片面を不透明に加工したガラスです。

型板ガラスよりも白っぽく、より見えにくくなっています。

目隠し効果に優れていますが、水に濡れると透明になります。

 

 

◎板の枚数

・単板ガラス 

一枚のガラスです。

コストに優れる反面、外との境がガラス1枚のみなので、外の冷気・熱気がそのまま室内に伝わりやすくなります。

 

・複層ガラス 

ガラスが2枚重ねになっています。ガラスとガラスの間に空気層を挟むことによって、断熱性が向上します。

空気より断熱性に優れたガスを使う商品や、ガラスの枚数を3枚に増やしたものも存在します。

 

以上、主な窓ガラスについてのご紹介でした。

デザインカフェスタジオでは「透明ガラス」「型板ガラス」、「複層ガラス」を採用しています。

性能とコストを勘案して、より快適な窓回りにしましょう。

***

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Design Cafe Studio(@design_cafe_studio)がシェアした投稿

オンライン打ち合わせ
イベント情報資料請求
イベント情報 お問い合わせ 無料カタログ
Instagram